News

More

business results

0
Broadcasting
0
Print advertisement
0
Movie contents
0
Website creation

土井志ば漬本舗様PV

土井志ば漬本舗様プローモーションビデオ。「大原の里」の四季を追いながら紫蘇の苗植えから収穫、熟成、商品化までを4Kcamraとドローンを使用。

京都市立病院様

京都市立病院病院様のプロモーションビデオを制作させていただきました。
動画は京都市立病院WEBサイトで視聴いただけます。

DaVinci Resolve Mini Panel

ブラックマジックデザインからコンパクトで持ち運べるカラーグレーディング
コントロールパネルが発売されました。
撮影現場やスタジオの移動でも簡単にPCと接続しあらゆるワークステーション
に対応し優れたクリエイティブワークを生み出すスグレモノです。
コストも安価に抑えられているので弊社導入を検討したいと思います。DaVinci Resolve Mini Panel
micro-panel

立命館大学 大学院様PV

立命館大学大学院総合学術研究科のプロモーションビデオを制作しました。

3軸ジンバル(Movi)に4kカメラを載せての収録。

完成品はフルHDでYouTubeにアップロード公開(立命館HP外部リンク)

ワンシーン・ワンカットを企画のコアに視聴者を「目撃者にする」を

テーマにキャンパス内で撮影を重ねました。

企画から編集・録音までをワンストップで制作させていただきました。

3

 

SHOGUN INFERNO 4K60P収録

ATOMSから4K60P収録を実現したSHOGUN最上位機種のSHOGUN INFERNOが間もなく発売されます。

SHOGUN INFERNOではHDMI、SDIそれぞれの出力から4K 60pの映像入力を実現します。

各種Logにも対応し収録時の適正露出の現場判断が可能になりました。

又、RAW to ProRes 4Kの収録も実現し今後、ハイレベルの4k収録が期待できます。

1

 

 

京都映像制作 360度VR4Kカメラ

gopro-sperical-cubeグーグルが2015年11月にAndroid向けYouTubeアプリのアップデートで周囲360度VR動画に対応したことを発表しました。
PC、IOSのYouTubeではすでにVR動画を視聴でき、エンターティメント、スポーツなどの360度視聴可能の動画が
アップロードされています。
現在4kのアクションカムが各メーカーから発売され、VR用の撮影システムが映像機器メーカーから発売されています。
今後は、弊社でもPVや企業紹介、観光誘致動画など、多くの撮影シーンで活躍してくれそうです。

京都映像制作 音声収録

ロケーション、スタジオなど撮影時に音声を収録シーンでは、音声収録ミキサーが必要になります。
業務用カメラでプロユースの音声収録装置がある場合は、複数のチャンネルをミキシングできるフィールドミキサーから
適切な録音レベルをカメラの音声入力に導き収録します。
PROTECH社の4CHフィールドミキサーは、4チャンネル独立のイコライザー、ハイパーリミッターを搭載し
非常に信頼性の高いプロ用音声収録機器として定評があります。
DSLR系のカメラでは音声装置が業務用として扱うには無理があるため、ミキシング可能なフィールドレコーダーを仕様します。
編集で音声データとシンクロさせる必要がありますが、映像が素晴らしくても音声が聞き取りにくかったり、ノイズが発生
していたりすると、完成度が半減してしまいます。
映像制作については、音声も映像と優劣つけられないくらい重要な要素です。
写真はFOSTEXのフィールドレコーダー「PD204」
スクリーンショット 2015-11-05 15.46.00

京都映像制作 PV

2015年9月11日〜16日に東京ビックサイトで開催されたIGAS2015「International Graphic Arts Show 2015」
の展示会内(株)アイマー様のプロモーションビデオを制作しました。
撮影は全てシネカメラで行ない編集には3DCGとモーショングラフィックスを駆使した映像作品にしました。
Canon、FUJIFILM、や海外のメーカーが参加する印刷の最新技術をプレゼンする展示会を意識し
先進的でスピード感のある構成編集を心がけました。
撮影期間が2日あり、タイムラプスなど撮影にも変化をもたせました。

65



 

4k映像編集 SD/HD/Ultra HDコンバーター

業界大手のBlack magic Design社の1089種類の変換対応を可能にした
SD/HD/Ultra HDスタンダードコンバーターTeranex Expressです。
4K映像をHDにコンバートしたりHD映像を150%にする時などTeranex Expressで
一手間かけると、ノイズの発生などが見事に抑えられます。
この他各種映像データーのアップ、ダウンコンバート時においても驚異的な品質が得られます。
放送局レベルの最高テクノロージーを有しながら、かなりの低コストで導入が可能なため
ブティックプロダクションでも活躍が期待されます。

7

4k撮影 FE PZ 28-135mm F4G OSS Eマウントレンズ

SONY Eマウント用の35mmフルサイズ対応の電動ズームレンズです。
SONY最新の光学技術で極めて質の高い4K映像撮影が実現できます。
シネレンズで広角から望遠までを広くカバーでき、尚且つ静音性の高い電動ズームが使えるのは
現場での機動力に大きく貢献してくれます。
広角での歪曲もかなり修正され、防塵防滴仕様なので、ハードな現場でもハイパフォーマンスが
実感できます。
ロケでもスタジオでもα7R IIとの組み合わせで4K撮影に活躍してくれそうです。9250019_sa.jpg;canvasHeight=500;canvasWidth=500-2

 

4K対応SSD/HDDレコーダー

ATOMOS 4K対応SSD/HDDレコーダー NINJA ASSASSINは上位機種SHOGUNの廉価モデルとして
ATOMOS社から発売されました。
廉価モデルといえども、SDI端子、オーディオXLR入出力を廃しただけで、それ以外はほぼ
SHOGUNの基本性能を保ち、4K(3840×2160)30pまでの収録に威力を発揮します。
波形モニターやLog収録時に3DLUTをモニターに適用でき、GH4などでは10bit 422収録が可能です。
7インチ高精細の S-IPS液晶1920×1200タッチパネルは現場での正確な映像表現を収録するのに
欠かせない機材の一つとなっています。

写真(ATOMOS 4K対応SSD/HDDレコーダー SHOGUN)
atomos_atomshogun_shogun_7_4k_hdmi_1046387

4K撮影用カメラ機材

パナソニックから4/3型大判センサー搭載の4K/60pのカムコーダー「AG-DVX200」が発売されました。
特徴的なのは、世界初の大判センサー、手軽に4k/60pの撮影ができることです。
記録メディアはSDXCで内部収録ができ、しかも新VARICAM継承のV-LOG L(12ストップ)収録搭載。
これだけの装備で販売価格はかなりのお手頃価格が設定されています。
機動力、現場対応力、表現力と三拍子そろったレンズ一体型カムコーダーの登場です。
弊社でも活躍しそうです。20150414045730

20150414042856

4K撮影用カメラ機材

pxwfs5_side_150728_32-1024x746

 

ソニーからレンズ交換式4Kビデオカメラ「PXW-FS5」が11月に発売されます。
0.8kgという小型軽量ボディを実現し、ハンドルグリップも着脱可能でジンバル撮影やドローンに搭載することが容易にできます。
本体内部収録4K XAVC撮影に対応し、基準ISO3200の高感度や14stopの広いラティチュードを実現します。
フルHD撮影では240fpsのハイフレームレートによる最大10倍のスローモーション映像を記録できる機能を搭載。
幅広い拡張性と小型軽量化された至れり尽くせりの業務用4kカメラはワンマンオペレーションに最適です。
弊社でのフィールドワークでも活躍してくれそうです。
「写真はレンズ付きのPXW-FS5K」

京都4K動画制作 32bit 5軸フルデジタルカメラジンバル

FILMPOWERから32bit搭載5軸デジタルカメラジンバルNebula4200が
発表されました。
小型4kカメラの撮影でも、かなりのフットワークの良さを発揮しそうです。
現在の映像制作には移動撮影が欠かせませんが、機材のセッティイングに
時間がかかったり、撮影スタイルが大げさに見えたりします。
Nebula4200の登場でジンバル撮影での課題がかなり解消できそうです。
日本での取り扱いは、デジタルホビーさんが総代理店で販売、サポートをされています。
デジタルホビーさんでは、弊社もWooden Cameraのケージなどを購入したこことがありますが、迅速、丁寧な対応で
非常に信頼のおける企業さんなのでNebula4200も安心して導入検討ができます。

京都4K動画制作 レンズ

小型4kカメラにシネマレンズやSONYのGレンズを装着すると、色の再現性がよくなり
シャープな絵作りが可能になります。
又、フレアを軽減し暗部からハイライトまでクリアな表現ができます。
SONYのGレンズでは1本で広角から望遠までをカバーでき、現場での機動力が必要な
時にはかなりの有効性が発揮されます。

京都4K動画制作 3軸フルデジタル カメラジンバル


10
最近の4K撮影には必須の移動撮影機材です。
カメラの重量1.5kgまでの軽量形なので、撮影もかなり楽です。
全速力で走っても映像のブレはほぼ感じれれません。
4k外部収録時のモニターなどはハンドル部分に固定できますから、
積載重量には加算されません。

9